ニキビ跡、黒ずみ、肌の赤みに・・・、このオールインワンゲルが効く

ニキビ、ニキビ跡に困る女性

オールインワンゲルでニキビ跡が消えると聞くと本当に?と疑いたくなってしまう人も多いかもしれませんね。しかし、時短コスメのオールインワンで色素沈着したニキビ跡も薄くできるんです。

 

新しいニキビができないように予防、できてしまったニキビ跡を美白ケアできるオールインワンゲルは、若い女性を中心に圧倒的な人気があるんですよ。

 

ニキビ跡に効くオールインワンゲルランキング

シミウス ホワイトニングリフトケアジェルの特徴
薬効成分としてグリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキスを配合しニキビ跡の黒ずみとなるメラニンの生成を抑制し美白効果を得られるオールインワン。マッサージジェルとしても使用できます。[医薬部外品]
価格
3,795
評価
評価5
備考
30日間返金保証
シミウス ホワイトニングリフトケアジェルの総評
定期購入:回数の縛りなし、初回のみで解約が可能

1つで10の機能:化粧水、美白、乳液、保湿、美容液、アイクリーム、化粧下地、パック、マッサージ、クリーム

ピュアメイジングの特徴
ニキビ跡がシミ、色素沈着なっても美白成分で薄くしてくれます。肌の乾燥、ホルモンバランスからくる大人ニキビ自体をできるのを予防するのでW効果を得られます。美白効果のある紫根エキス、プラセンタエキス、アーティチョーク葉エキスや肌の保湿を高めバリア機能をアップするスクワランも配合しています。
価格
1,998
評価
評価4.5
備考
30日間返金保証
ピュアメイジングの総評
定期購入:回数の縛りなし、初回のみで解約が可能

1つで12の機能:化粧水、美容液、乳液、クリーム、下地、パック、シミ、敏感肌、乾燥肌、肌荒れ、シワ、ニキビ

シミトリーの特徴
アルブチン(ハイドロキノン誘導体)、ビタミンC誘導体を配合した美白ジェル。9種の天然由来保湿エキスを配合しシミだけでなくシワまで目立たなくしてくれます。[医薬部外品]
価格
3,685
評価
評価4
備考
14日間全額返金保証
シミトリーの総評
定期購入:回数の縛りなし、初回のみで解約が可能

1つ9役:化粧水、美容液、乳液、クリーム、化粧下地、アイクリーム、パック、マッサージ、保湿

ナチュラルエレメンツ

ナチュラルエレメンツ バランシングゲルの特徴
ニキビ跡も美白できる薬用オールインワンで、ニキビ治療に使われるグリチルリチン酸ジカリウムを配合しています。しみ、そばかす、ニキビ跡や肌のくすみが気になる方におすすめで肌荒れにも効果があるので、敏感肌でも安心して使用できます。糖化対策などのアンチエイジングに最適な処方で30代、40代以降の女性にもおすすめ。
価格
3,725
評価
評価4
備考

肌ナチュール ホワイトエッセンス

肌ナチュール ホワイトエッセンスの特徴
炭酸オールインワン美容液でシミ、ニキビ、乾燥肌に効く美容成分の浸透力が違います。グリチルリチン酸ジカリウムでニキビを予防しつつ、ニキビ跡には美白有効成分のトラネキサム酸を配合しています。[医薬部外品] [定期購入時の回数縛りなしで安心]
価格
1,980
評価
評価3
備考
30日間返金保証

 

ひとことで「ニキビ跡といっても色素沈着や凸凹なクレーターとかいろいろタイプがあります。真皮までダメージを受けてしまうと酷いデコボコはやはり治りが悪いのでクリニックでの治療が必要になりますが、じーっと見ないと分からないくらいの凸凹なら化粧品で治せる可能性があります。

 

ニキビ跡の定番の色素沈着、シミや凸凹なクレーターでもニキビ跡を消すのに有効な方法は保湿することです。保湿することで皮膚が再生する力が高くなり活性化して、新しく細胞が生まれ変わるのも早くなるので、放置すると何年もかかるようなニキビ跡も念入りに保湿を行うことで早く消すことができます。

 

色素沈着の場合はシミと同じでメラニンが原因なので保湿効果が高く、美白成分が入っているオールインワン化粧品を使うと美白効果が早く実感できます。オールインワンだと美白コスメも忘れずに1つだけでスキンケアできるので女性だけでなく、ニキビ跡に悩む男性にもおすすめです。

 

シミウス ホワイトニングリフトケアジェル、肌ナチュール ホワイトエッセンスと、ナチュラルエレメンツ バランシングゲルにはニキビ治療に有効とされるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。この成分は消炎作用・効果があるのでニキビの炎症も抑えてくれますよ。また、美白や保湿に効果的な成分がたっぷり配合されています。エイジングケア、アンチエイジングとして注目されている糖化対策処方です。

 

実際にシミウス ホワイトニングリフトケアジェルを使用している方の口コミ情報などでもかなり早くいい結果が出たという方が多いのも特徴です。

  • 2週間くらいでニキビのあとが徐々に消えてきました。
  • 頬に合ったそばかすが薄くなってきました。使用後1か月くらいで。
  • 毛穴が目立たなくなって黒ずみがマシになったと思います。
  • 口元の乾燥がなくなりました。

 

⇒ ニキビ跡を消すオールインワンゲルランキング

 

ニキビ跡、色素沈着、シミを早く消すには

 

肌を白く美しく保つためには、美白化粧品による日々のスキンケアの積み重ねが重要です。美白化粧品には、オールインワンゲル、化粧水や美容液、乳液などの種類がありますがどういった成分が配合されているかが選ぶうえで重要なポイントです。

 

ただし、化粧水の場合には後に使う美容液の働きを高めてくれる役割があるので、美白化粧水と美白美容液、両方揃えて使うのが賢い使い方だと言えます。美白成分にはそれぞれ特徴があるので、化粧水は成分に注目して選びましょう。

 

オールインワンの場合は面倒なことを考えずに希望の美白成分の入っているものを選ぶだけで順番やタイミングも考えずに洗顔後に素早く顔全体に伸ばすだけでOK!簡単ですよ。ニキビ跡や敷と新着、シミに効く美白成分をそれぞれ解説するので美白コスメ選びの参考にしてくださいね。

 

ビタミンC誘導体は王道の美白成分

 

多くの美白化粧水に配合されているのが、ビタミンC誘導体です。成分表にはアスコルビン酸グルコシド、アスコルビルリン酸Na、アスコルビルエチル、テトラヘキシルデカン酸アスコビル、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naなどと表記されています。

 

メラニンの生成を抑制したり、メラニンの還元作用があったりと高い美白効果が期待できる成分です。美白効果以外にも過剰な皮脂分泌を抑える効果があるのでニキビ対策や、毛穴対策にも有効な成分ですが、乾燥しやすいという短所もあります。

 

肌を総合的に底上げしてくれるプラセンタエキス

 

プラセンタとは胎盤から栄養素が抽出されたエキスのことです。アンチエイジング効果がある成分として知られますが、美白成分としても優秀です。プラセンタエキスには代謝を促進する効果があり、肌の新陳代謝を促進させることができます。

 

肌の代謝が促進されると古い角質が排出され、蓄積されたメラニンも同時に排出することができ、シミやくすみの改善が期待できます。プラセンタエキスにはシミの原因となるメラニン色素を作り出すチロシナーゼの働きを抑える効果があるので、シミの予防効果が高いと言われています。

 

肝斑対策に有効なトラネキサム酸

 

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、メラニンの生成の指示をストップさせることによって、シミを予防する効果があります。もともと止血作用の利用で医療現場で使われていましたが、シミの中でも肝斑への効果が見られる、ということで、注目されるようになった成分です。

 

肌の炎症を抑える効果があり、肌荒れ防止にも役立つので、荒れ肌用の化粧水にもよく配合されている成分です。この抗炎症作用により、ニキビ跡がシミになるのを予防してくれる効果もあります。

 

低刺激だけど美白効果が高いアルブチン

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われていて、高い美白効果がありますが、肌への刺激が強いのが欠点です。このハイドロキノンとブドウ糖を結合させたのがアルブチンで、肌への刺激が少なく使える成分になっています。

 

高い美白効果がありながら低刺激で使えるのが長所です。アルブチンには「βアルブチン」と「αアルブチン」の2種類があります。どちらも美白効果はありますが、美白化粧水には美白効果が高く、肌への馴染みが良い「αアルブチン」の方が多く使われており、よりおすすめな成分です。

 

POLA独自のルシノール

 

ルシノールは化粧品メーカーPOLAが開発した独自の美白成分です。アミノ酸の一種のチロシンと酵素チロシナーゼの結合をブロックさせ、メラニンを作らせないように働きかけます。

 

元になっているのが、シベリアのモミの木。天然の植物から作られているので刺激が少なく、副作用の心配が低いのが長所です。敏感肌の人は刺激が強い美白成分を使うと肌が荒れてしまうことがありますが、ルシノールなら低刺激なので安心して使える、という口コミが多く見られます。

 

糖化防止にも効果があるコウジ酸

 

米麹から発見された美白成分です。酒蔵などで麹を扱う人は白くて手がきれいな人が多い、という点に着目して研究がすすめられた成分で、チロシナーゼの活性化を抑えて、メラニンの生成を抑制する効果があります。

 

コウジ酸で注目されているのが、抗糖化作用です。年齢を重ねるにつれ、タンパク質と糖が結びついて糖化が起ってしまいます。

 

糖化が進むと肌が黄色くくすんでしまうのですが、コウジ酸にはこの糖化によって作られるAGEを抑制し、黄くすみやシワを防ぐ効果があると言われています。美白も糖化も防げるので、年齢が気になる人に人気の成分です。

 

⇒ ニキビ跡を消すオールインワンゲルランキング

 

ニキビ跡って何年も残るもの?

 

ニキビができている時はもちろんイヤなんですが、「やっと治った〜!」って思っても、ニキビ跡が残ってしまうことがあります。

 

このニキビ跡は残りやすい人と、あまり後にならない人がいますよね。しばらくしてすぐに消えてしまう人も多いそうなんですが・・・。

 

ニキビが跡になりやすい場合はそのままシミになってしまうこともあるんです。若い時ならそこから大きくはならないでしょうけど、エイジングケア世代になると肌ダメージから黒ずみが広がってきてしまう恐れもあるんです。できるだけ早く消せるようにケアしていきましょう!

 

ニキビ跡ってみんなどのくらいの期間、残っているものなんでしょうか?肌質やスキンケアにもよると思うのですが、私の場合は完全に消えるまで半年くらいはかかる気がします。

 

半年でというのはたぶん早く治る方なのではないかと思うのですが、友達や知り合いには、デコボコになって残っているとか、ニキビ跡の近くにまた新しくニキビができて、まだ若いのにシミみたいになっていたり。。。

 

こういう跡っていうのは美白化粧品を使用すると早く消せるそうですよ。肌のくすみを取るために行うようなスキンケアやピーリングなども角質が取れるし、肌の回復にいいそうです。

 

ニキビ跡が消える前にどんどん次のニキビができてしまっては、元の木阿弥。肌の汚れをちゃんと落とした後は、肌がしっとりするくらいまでちゃんと保湿ケアをしてあげましょう。お肌が乾燥したままだとニキビができやすくなってしまいますよ。

 

⇒ ニキビ跡を消すオールインワンゲルランキング

 

ニキビ跡を消すにはは美白ケアが重要

 

ニキビ跡ができるのはニキビができているときに真皮でメラニンが過剰に作られることが最大の原因です。メラニンはシミのことですから、ニキビ跡を消すにはシミ消し、美白ケアを行えばいいのです。

 

シミ、ニキビ跡は女性の敵。誰もがシミやニキビ跡のない白く輝く肌を作りたいと思っていますが、未だにシミの特効薬と呼ばれるものはありません。一旦できたシミは、消すことは簡単ではなく、シミができないようにするための対策や生活習慣を整えることが一番の対策だといえます。

 

そんなシミの原因になるのは、メラニンの蓄積。それを予防するためには乾燥を防ぐ、睡眠をしっかりとるといったことが重要です。そこで今回は、シミ予防のための対策に好いてご紹介していきます。

 

メラニンが蓄積して色素沈着?シミ、ニキビ跡を防ぐためには何が必要?

 

シミ、ニキビ跡ができる原因は、メラニンの蓄積であるとされています。そのため私たちはメラニンが最大の敵であると意識的に結び付けてしまいますが、メラニンは肌を守る働きもあるのです。

 

シミ、ニキビ跡ができるのを防ぐために大切なことは、メラニンを過剰に増やさないようにすること、そして出来てしまったメラニンを蓄積しないように代謝させることが重要です。そんなメラニンを蓄積させないようにするためには、次にご紹介する睡眠と乾燥が大きなキーワードになります。

 

睡眠不足でもシミ、ニキビ跡が増える

 

睡眠中には、成長ホルモンが分泌されていて、若年期・成長期だけでなく成人になっても分泌されており、細胞を活性化したり、代謝をスムーズにするために働いています。

 

寝ている間に成長ホルモンを出して、細胞の代謝をスムーズにしてくれるのですが、睡眠時間が短いと十分に分ピされずメラニンが蓄積され、シミ、ニキビ跡が増えてしまうのです。この成長ホルモンというのは、22時から2時までが最も多く分泌されるので、睡眠時間が少ない人もこの時間に合わせて睡眠をとれば効果的です。

 

また睡眠不足は体のさびといわれる活性酸素を作る原因の1つでもあります。この活性酸素が蓄積するとメラニンの増加に影響するため、シミの出来やすい体質になってしまうことも。そのため睡眠不足を解消し、活性酸素を増やさないように心がけるといいのです。

 

肌の乾燥でもシミ、ニキビ跡はできやすくなる

 

秋冬など乾燥しがちなシーズン、エアコンによる乾燥、また日差しが強い時期も肌から水分が失われ乾燥が悪化します。そのため女性は、年中お肌が乾燥に悩まされるということも少なくありません。

 

肌が乾燥すると、粉をふいたように肌がガサガサしている、ハリがなくなって肌がたるんだようになるということもあります。これは皮膚の細胞一つ一つの水分量が少なくなり、キメが乱れている状態を表しています。水分がなくなるので、ハリがなくなったように見えるのです。

 

このように乾燥により細胞の中の水分が保たれない状態が続くと、細胞一つ一つの元気がなくなり、水分保持、代謝といった本来の機能を果たせなくなります。また肌にはバリア機能といって、紫外線や外的刺激などから守る働きがあるのですが、その機能を果たせなくなってしまうのです。

 

バリア機能が保てなくなるとどうなるの?

 

肌のバリア機能が保てなくなると、肌のターンオーバーという代謝がスムーズにいかなくなります。つまり紫外線や活性酸素などの影響によって発生したメラニンが効果的に排泄できず、肌の奥に蓄積してしまうのです。この肌の奥に蓄積したメラニンは、色素沈着を起こし、シミやニキビ跡となって肌の表面に現れるようになってしまうのです。

 

シミとなってしまったメラニンは、代謝することによって排泄できればいいのですが、乾燥が進んでバリア機能が崩れた肌ではなかなか排泄ができません。そのためいつまでも肌のターンオーバーによって排泄されず、シミとなって残ってしまうのです。

 

シミ、ニキビ跡をできないように予防しつつ、早く色を薄くしていくには美白ケアと同時にバリア機能を高める保湿ケアも必要なので、美白成分を含んでいる保湿効果の高いオールインワンゲルを使用することをおすすめします。

 

⇒ ニキビ跡を消すオールインワンゲルランキング

 

ニキビ跡は触らない!が一番早く治るって本当?

 

悩みであったニキビの赤みや炎症、痛みも治まり落ち着いてくるも、ニキビ跡を触ってしまいニキビが悪化してしまったという方は多いのではないでしょうか。ニキビ跡を触ると、お肌への負担がかかり悪い影響が出てきます。

 

ニキビ跡を触るとどうなるのか、触らない方が良い理由についてご紹介させていただきます。

 

ニキビ跡を触ると埃やばい菌がつく

 

ニキビができる原因の一つに、空気中の埃やばい菌がつき炎症を起こすということが挙げられます。洗顔により、日中についた埃やばい菌などの汚れを落とし、お肌を清潔に保つことは大切なことなのです。

 

ここでニキビが治ってきているからといってニキビ跡をばい菌のついた手で触ってしまうと、ばい菌が付着し、ニキビを再び引き起こしてしまうことにもなり得ます。ニキビ跡は気になるかもしれませんが、ニキビ跡は触らずにお肌は清潔に保つように心がけると良いでしょう。

 

ニキビ跡を触るとニキビの原因となる菌が入り込みニキビが広がる

 

ニキビの跡を触っていると、ニキビの原因となる菌が周囲の毛穴にまで入り込み、ニキビが広がってしまう恐れがあります。ニキビが一部分にいくつもできる場合、ニキビの原因となる菌が広がってしまったことが考えられます。

 

ニキビ跡は触らず、他の毛穴にまで影響が出ないよう気をつけましょう。

 

ニキビ跡を触ることで乾燥や皮脂のつまりをもたらす

 

ニキビの原因は、乾燥や皮脂のつまりによることも挙げられます。ニキビ跡を触ると、肌にとって刺激となり、乾燥の原因や皮脂のつまりの原因にもなってしまいます。乾燥や皮脂のつまりが進むと、せっかく治りつつあったニキビも再び悪化することになり兼ねません。

 

何気なく軽くニキビ跡を触っていても、肌がこすれることで乾燥や皮脂のつまりは起こるのです。ニキビ跡は触らず、肌に刺激や負担のないよう気をつけると良いでしょう。

 

ニキビ跡を触ることでニキビ跡が悪化し残ってしまう

 

ニキビ跡を触っていると刺激になったり、傷がついてしまう可能性もあるでしょう。色素沈着で赤みやシミになったニキビ跡が悪化し、ニキビ跡が目立ってクレーターとなり残ってしまうことになり兼ねません。

 

ニキビ跡はできるだけ触らずに、刺激を与えないことが悪化させない策と言えるでしょう。ニキビ跡になった後でも悪化する可能性は十分あることを日ごろから意識しておきましょう。

 

ニキビ跡は触らず、清潔を保つことが最善の策

 

以上のように、赤みや炎症をおこしていたニキビが治まってきて跡になると痛みもなくなり少し落ち着きますが、だからといってニキビ跡を触っていてはばい菌が入ったり、乾燥や傷がついたり、一向にお肌の状態は良くなりません。

 

ニキビ跡になった後のケアも、再びニキビを起こさないようにしたり、ニキビ跡が残らないようにするために大切なことと言えるでしょう。できるだけニキビ跡は触らないようにし、洗顔で清潔な状態を保ち、乾燥を防ぐためにも保湿を十分にしてお肌の良い状態を保つようにすると良いでしょう。

 

⇒ ニキビ跡を消すオールインワンゲルランキング

 

ニキビ跡を消すために必要な栄養素

 

ニキビは、10代の頃の思春期によくできますよね。とはいっても大人ニキビも繰り返しますし、本当に厄介です。洗顔やニキビクリーム等で早く治そうと努力しても、そのニキビが一段落した後に、ニキビの跡が残ってしまい悩んでいる方が多いのが現状です。

 

ニキビ跡は、ニキビの症状とは異なり、ニキビの跡を時間を掛けながら徐々に改善して行く事が必要になります。特に、食生活の改善が必要な場合には、その栄養素を日々の食生活に摂り入れて行く事が大切です。そこで、ニキビ跡を消す栄養素について調べて見ましょう。

 

ニキビの跡が残る原因と症状

 

ニキビが出来る主な原因は、「アクネ菌」と呼ばれる人の皮膚等に常に生活している細菌の増殖によって引き起こされる場合や、日頃の食習慣の悪化によって皮脂が過剰に分泌させてしまう事による物があると考えられます。

 

このアクネ菌の増殖は、顔の洗顔等を怠る事によって毛穴が塞がってしまい、毛穴の中の溜まった皮脂を好むアクネ菌の増殖を引き起こします。増殖したアクネ菌によって毛穴や皮膚に炎症を起こしてしまった場合、「肥厚性瘢痕」や「陥凹性瘢痕」と呼ばれるニキビ後の症状として残ってしまう場合が有ります。

 

また、食習慣の悪化によって過剰に分泌される皮脂は、アクネ菌にとっては格好のエサとなる為、アクネ菌の増殖やニキビの悪化に繋がってしまいます。

 

皮膚のターンオーバーを改善するニキビ跡にいい栄養素

 

ニキビの跡が残ってしまうのは、ご自身の皮膚の代謝(ターンオーバー)が悪くなっている為に起こります。皮膚のターンオーバーを改善する栄養素には次の様な物が挙げられます。・タンパク質・オメガ3系脂肪酸・亜鉛や鉄・ビタミンC・ビタミンA・ビタミンB2B6、ビタミンE等です。

 

タンパク質は皮膚等の元になるコラーゲンの生成に欠かす事が出来ない成分で、特にビタミンCや鉄分と一緒に摂取する事で効率的にコラーゲンの生成を進める事が出来ます。

 

又、オメガ3系脂肪はイワシやサバ等の青魚に多く含まれる成分として知られておりますが、血流を改善し必要な栄養素を身体の隅々に迄運んでくれる為、ニキビ跡の改善に必要な栄養素の供給には欠かす事が出来ません。

 

更に、ビタミンAは皮膚のターンオーバーを促す、ビタミンB2やB6は皮膚粘膜を修復する、ビタミンEは皮膚のシミの原因ともなる活性酸素の発生を抑える働き等を持っております。

 

殺菌効果によりニキビ跡を消す栄養素

 

ニキビの跡を直す為には、殺菌効果が得られる栄養素や、身体の老化の原因とも言える活性酸素を取り除く効果の高い栄養も必要になります。これらの働きを持つ栄養素には次の様な物が挙げられます。

 

ビタミンB2やB6・ビタミンC・ビタミンA等のビタミン群と言われる栄養素になります。ビタミンCは野菜や果物等に多く含まれますが、殺菌効果が高い為特に大人になってからのニキビ対策に欠かす事ができません。また、ビタミンAは、殺菌効果と共に免疫力を高める働きも持っており、細菌やウイルスの体内への侵入を防ぐ働きがあります。

 

ニキビ跡によくない栄養素

 

ニキビが出来易くなりその跡が残ってしまう食習慣の悪化には次の様な食べ物が考えられます。先ず白米と始めとした炭水化物です。炭水化物は体内で糖質に変化しますが、分解される事で脂質に変わって行きます。

 

スナック菓子や揚げ物等に多く含まれる脂質は血液中の中性脂肪の上昇を招き、皮脂の過剰分泌に繋がってしまいます。甘い物に含まれる糖質が分解される際に多くのビタミン類が使われてしまうため、ビタミン類の不足を起こし皮脂の過剰分泌に繋がってしまいます。また、加工食品やアルコール類の過剰摂取、間食や偏食等もニキビの原因となるので摂取を控える事が大切です。

 

⇒ ニキビ跡を消すオールインワンゲルランキング

 

ニキビ跡に効く市販の美白化粧品

 

メラノCC 薬用しみ 集中対策 美容液 20mL 【医薬部外品】


活性型ビタミンC(美白有効成分)を配合した薬用美白美容液。市販の安い美白化粧品では効果があるといわれていますが、以外にもお肌に合わない、肌荒れが起こった、赤いぶつぶつができたという副作用も口コミに多いのでお肌が弱い人は注意しましょう。

 

総健美舎 薬用アクレケア < デコボコ肌用美容液 > 30ml (約1ヵ月分)×「3本セット」


アルブチン、グリチルリチン酸2Kを配合しているニキビケア美容液。クレーター肌にも効くという口コミもありますね。

 

マイクロクリスタルピーリング・ニキビ跡や妊娠線に NanoDerm Micro-Dermabrasion マイクロダーマブレイショントリートメント イギリスより直送(正規輸入品)


美容皮膚科やエステサロンで行われるクリスタルピーリングを自宅でできるクリーム(洗い流すタイプ)で、ニキビ跡、妊娠線、軽いやけどなどの皮膚修復を目的としています。

 

⇒ ニキビ跡を消すオールインワンゲルランキング

 

ニキビ跡に効くオールインワンゲルの全成分

 

シミウス ホワイトニングリフトケアジェルの全成分
全成分:[有効成分]グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス、[その他]精製水、1.3-ブチレングリコール、濃グリセリン、プロピレングリコール、1.2-ペンタンジオール、水溶性コラーゲン液、シコンエキス、サクラ葉抽出液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス(1)、トウキンセンカエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、カリボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル重合体、水酸化カリウム、パラオキシ安息香酸メチル、フェノキシエタノール、エタノール、青1、赤106、香料

 

ピュアメイジングの全成分
[有効成分]プラセンタエキス、アラントイン [その他]アルニカエキス、アトギリソウエキス、加水分解シルク液、カモミラエキス、シナノキエキス、スギナエキス、セイヨウノコギリソウエキス、セージエキス、ゼニアオイエキス、トウキンセンカエキス、油溶性コラーゲン液、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ナトリウム、アルブチン、グリセリン、コメヌカスフィンゴ糖脂質、スクワラン、トレハロース、水素添加卵黄レシチン、卵黄リゾホスファチジルコン、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、プロピレングリコール、カルボキシビニルポリマー、水酸化ナトリウム、精製水、フェノキシエタノール、香料

 

シミトリー パーフェクトホワイトアップリフティングジェルの全成分
全成分:[有効成分]アルブチン、[その他]フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3−O−エチルスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2−ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N−ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2−ペンタンジオール、1,3−ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

 

ナチュラルエレメンツ バランシングゲルの全成分
全成分:水、グリセリン、BG、スクワラン、ベタイン、水溶性プロテオグリカン、セラミド1、セラミド3、セラミド6II、水溶性コラーゲン、ダイズ種子エキス、ビワ葉エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、シャクヤク根エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、ヒアルロン酸Na、ユズ果実エキス、レモン果実エキス、アロエベラ葉エキス、ナタネ油、グリチルリチン酸2K、トレハロース、1,2-ヘキサンジオール、カルボマー、水酸化K、水添レシチン、キサンタンガム、コレステロール、パルミチン酸、トコフェロール、ラウロイルラクチレートNa、フィトスフィンゴシン、(C12-16)アルコール、フェノキシエタノール

 

肌ナチュール ホワイトエッセンスの全成分
全成分:[有効成分]トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム [その他]精製水、二酸化炭素、コメ発酵液、アロエエキス、オクラエキスサクラ葉抽出液、大豆エキス、茶エキス-1、ヘチマエキス、リンゴエキス、ひまわり油、サクシニルアテロコラーゲン液、LPG、ビタミンCテトライソパルミテート、ヒアルロン酸、Na-2、プラセンタエキス、ウマスフィンゴ脂質、パールカルクエキス、水解シルク液、加水分解ヒアルロン酸、濃グリセリン、ペンチレングリコール、BG、無水エタノール、DPG、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、エチル硫酸ラノリン脂肪酸、アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液、フェノキシエタノール、POE水添ヒマシ油、キサンタンガム、香料