ニキビ跡がかゆい理由とは?

かゆみのあるニキビ跡に悩む方も多いものです。ニキビ跡がかゆい理由には、肌が温まったり、乾燥したりすることで、ニキビ跡がムズムズとかゆくなってしまいます。ガリガリかいてしまいたい気持ちは、ちょっとガマン!ニキビ跡をかいてしまうと、手や爪に付着した雑菌が患部で繁殖し、さらに傷になってしまうことも。

 

ニキビ跡がかゆい理由と、どうしたら良いのか対策方法を知って、上手にケアをしていきましょう。

 

ニキビ跡がかゆい理由は、体の新陳代謝が良くなったから

 

運動などで体が温まってくると、「ニキビ跡がかゆいな」と思ったことはありませんか。新陳代謝が活発になって体温が上昇してくると、体中の血行も良くなって、ニキビ跡がかゆくなります。

 

その他、運動以外にも、寒い部屋から温かい部屋に移動したり、お風呂に入ったりしても、血流が良くなって炎症部分にかゆみが出ます。すぐにポリポリとかいてしまいたくなりますが、このかゆみは、一時的なもの。軽く洗顔をして患部をキレイに流すとかゆみは治まります。

 

かゆい理由は、ニキビ跡に刺激を受けるから

 

ニキビ跡がかゆい理由は、外からの刺激を受けても発生します。たとえば、外出して長時間、紫外線を浴びることで、肌が本来の水分量を保てなくなり、乾燥し、かゆみが出ます。さらに、洗顔料や保湿剤、ケア用品などが肌に合わない場合にも、ニキビ跡がヒリヒリしてかゆみが出ます。

 

残ってしまったニキビ跡を早く消したいと何度も洗顔を繰り返すと、肌の水分が減り、乾燥を呼ぶのです。また、雑菌が原因でかゆみが出ることもあります。顔に触れてしまう枕や布団などは、いつも清潔に整えておきましょう。

 

冷やす!ニキビ跡のかゆい部分に短時間の氷ケアがおすすめ!

 

ニキビ跡がかゆくなったら、最初に「冷やすケア」を実践しましょう。外から帰った場合には、ホコリや砂などが顔に付着している場合もあるので、サッと洗顔し、保湿をしてから行います。タオルやガーゼのハンカチにビニール袋に入れた氷を包んで、患部にあてます。炎症したニキビ跡のほてりを沈めて、落ち着かせる効果があります。

 

氷をあてる時間は、1〜5分程度、気持ち良い時間で止めておきます。長時間冷やすと、肌が赤くなり凍傷のようになってしまうので、注意しましょう。

 

ニキビ跡のかゆみには、沈静作用のある保湿剤を選ぼう

 

かゆみトラブルを発生させないためには、肌に合ったケア用品を選ぶことが大切です。使用するケア用品には、刺激の少ない商品を選ぶようにしましょう。洗顔料には、石油系の界面活性剤、防腐剤、合成香料、合成着色料などが含まれていないものがおすすめ。

 

洗いあがりがさっぱりするスクラブ入り洗顔を好む人も、多いかもしれません。けれど、かゆみがある場合には、スクラブが肌への刺激を呼んでしまいます。避けるようにしましょう。また、鎮静作用のある化粧水や保湿効果の高い乳液なども販売されています。炎症を抑えるグリチルリチン酸や保湿に優れたヒアルロン酸などが含まれたケア用品を選ぶといいですね。