ニキビ跡ができないよう予防に役立つキズパワーパッド

キズパワーパッドは、医療機関で用いられてきたハイドロコロイド素材を家庭用に応用した商品です。モイストヒーリング(湿潤療法)の考え方に基づいており、自然治癒力を高めてキズを早く綺麗に治すことが可能な新しいタイプのキズケア商品です。

 

キズパワーパッドはの特徴

  1. 滲出液を保つことでキズを早く治すこと
  2. カサブタを作らないため傷跡が残らないこと
  3. 炎症や刺激を抑えて痛みを和らげること

 

このような特徴から、キズパワーパッドは人気の商品となっています。

 

キズパワーパッドはニキビ跡に効果がある?

 

最近、このキズパワーパッドを使ってニキビ跡が治ったという口コミをよく目にしますが実際のところどうなのでしょうか。答えを言ってしまうと、効果ありです。ニキビ跡はキズと同じようなものなので、正しい使い方をするとニキビ跡にならないよう予防効果があるのです。

 

そもそも、キズパワーパッドはキズを早く綺麗に治すという商品なので、ニキビ跡にはうってつけの商品だと言えます。昔できたニキビ跡=色素沈着であれば美白ケア化粧品で消すほうがいいですよ。気になるニキビ跡とさようならするためにも、ぜひ試してもらいたい方法です。

 

キズパワーパッドでニキビ跡を治す手順

 

キズパワーパッドをニキビのサイズに合わせてカットします。そのままのサイズでも大丈夫ですが、大きすぎて目立ちますし、貼っているのが気になってしまいますので小さくカットすることをおすすめします。また、スポットタイプと呼ばれる小さな商品もあるので、よく使用する場合などはそちらを購入しても良いでしょう。

 

ニキビ跡の周辺を綺麗に洗って水分を取り除きます。バイ菌などが入ってしまうと意味が無いので、しっかりと洗って清潔にしておきましょう。また、キズ口周辺に水分が残っていると、上手く貼り付けられないので、水分が残らないようにしましょう。

 

最後に、清潔な手でキズパワーパッドを貼ります。この際、外れてしまわないようにしっかりと密着させます。

 

使用する際の注意

 

キズパワーパッドは本来はキズを治す商品であり、ニキビには使うことができないと説明書にも記載されています。ニキビに使ってしまうとアクネ菌を増加させてしまい、悪化してしまう恐れがあるので注意しましょう。

 

キズパワーパッドを使用する際は、膿やアクネ菌の溜まっていない、潰れたあとのニキビのみに使用してください。また、貼る前に消毒をしたくなる人もいるかとは思いますが、キズパワーパッドは単体で使うことで効果を発揮する商品なので、殺菌・消毒は控えましょう。

 

どのくらいで効果が出てくるのか

 

キズパワーパッドの取替の目安は3日程です。ただし、貼っているところが痒くなってきたり、キズパワーパッドが剥がれてしまった場合などは、新しいものに張り替えましょう。早い人はこの取替までの3日程でも効果が出てきます。

 

その後、何度か張り替えて、1週間ほどすると、ニキビ跡が綺麗になったという口コミが多いです。ただし、ニキビの状態などにもよりますので様子を見て治していきましょう。